自律神経失調症について知ろう

自律神経失調症

自律神経失調症は、様々な症状が慢性的に繰り返される症状になりますので、自律神経失調症という自覚がない人にとっては恐怖にもなりえます。

具体的にこの症状はどのようなものかというと、不規則な生活や習慣などによって引き起こされる症状で、体の中の自律神経の乱れによって発生します。
自律神経のバランスが乱れることによって発生する症状は予想以上に多く、類似する症状を発生させる病や症状はたくさんありますので、素人の判断では自律神経失調症かどうかを判断するのは非常に難しいです。
また、診察する場所を誤るといつまで経っても病名がわかりませんので、ファーストコンタクトをどうとるかも非常に重要になってきます。

症状の一例を挙げてみると、体の一部が痛くなったり、精神的な落ち込みが強くなったりすることもあります。
また、症状があらわれたと思うと、ふっと消えてしまったりする不思議な病気でもありますので、その分だけ特定が難しいということもあります。
頭痛や頭が重く感じるようなこともありますし、耳鳴りや耳の閉塞感が伴うこともあります。
口の渇き、味覚障害、目の乾き、息苦しさ、手足のしびれなど自律神経失調症の症状を全て挙げていくとキリがないといえるほどたくさんの症状があらわれる病気で、それだけ自律神経は微細なバランスによって成り立っているということです。
また、メニエール病や不整脈、慢性じんましんといったように、自律神経失調症と非常に似ている症状の病が多いので、それらを間違えて誤診されてしまうということもあるのです。

このように一度発症してしまうと特定が難しい原因不明の症状に悩まされることになりますので、やはり予防が重要になってくるのではないでしょうか。

© 2014 自律神経失調症について知ろう All Rights Reserved.