自律神経失調症について知ろう

HOME >>  自律神経失調症関連 > 女性ホルモンについて

女性ホルモンについて

自律神経失調症は女性に多いというのはご存知かと思われますが、その原因となっているのが女性ホルモンの存在です。
女性は一生をかけてホルモンが少しずつ変化している生き物でもあって、この変化に自律神経は敏感に反応します。
女性特有の症状である生理などもホルモンバランスが変化する症状のひとつですが、女性には妊娠や出産といったような男性には考えられないような大きな変化が訪れたりもしますので、精神的な不安を抱えやすいというのも自律神経失調症を引き起こす要因になっています。

また、結婚や子育ては男性にも共通することなのですが、どうしても女性が占める割合が大きくなってしまいがちなので、その際に今までに感じたことのないようなストレスを抱えることもあるのです。
子育ては人間を相手にして行うものですから、自分の思い通りになるということの方が珍しく、それが多大なストレスとなってのしかかってくることもあります。
このようなことから、女性はホルモン的に見ても自律神経失調症になりやすいですし、精神的な面やストレスから見てもこの症状になりやすいといえるのです。
これは女性だけが気をつければよいというわけではなく、パートナーである男性も注意すべきことがあります。

自律神経失調症の症状は、いざなってみなければその辛さはわかりませんので、健常者の安易な考えがより患者を深みにはめてしまう可能性もありますので注意が必要です。
また、女性は結婚や育児など何かとストレスを溜めやすいのですが、育児が終わった後にもストレスを溜めてしまう可能性があって、それが子供に手がかからなくなったことによる虚無感、燃え尽き症候群などと呼ばれることもあります。

© 2014 自律神経失調症について知ろう All Rights Reserved.